DV加害者プログラムの全国ネットワークを設立しました

のびぽこスタッフが副代表・運営委員・発起人を務める、

DV加害者プログラムの全国ネットワークができました。

設立を記念して、東京にてキックオフ・カンファレンスが開かれます。

みなさん、ぜひ応援してください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

DV加害者更生教育プログラム全国ネットワーク設立
キックオフ・カンファレンス開催

「DV加害者、放置したままでいいですか?」
~更生教育プログラム実施者たちが全国ネットワークをつくりました~

2019年3月24日(日)13:15-16:30
日本教育会館  東京都千代田区一ツ橋2-6-2
東京メトロ半蔵門線・都営新宿線・都営三田線/神保町駅 出口A1
参加費:1000円
定員:150名

●カンファレンス内容
*開会宣言
*来賓祝辞 内閣府男女共同参画局暴力対策推進室長 杉田和暁 様
NPO法人RRP研究会代表理事 信田さよ子 様
*設立報告 佐々木一 (副代表・実施者・北海道)
*基調講演 山口のり子 (代表・東京)
「被害者支援のために加害者プログラムを全国に」
*パネル・ディスカッション及びプログラムの紹介
コーディネーター:神永れい子(運営委員・愛知)
パネリスト :三澤 恵子(運営委員・実施者・北海道)
伊田広行(実施者・大阪)
吉祥眞佐緒(事務局長・実施者・東京)
・被害者を逃がすだけではDVは解決しない
・加害者が変わらなければ被害者の安全・安心はない
・被害者支援の視点をもって加害者プログラムを実施する重要性
・加害者プログラムのガイドライン等の提案
・実施する際の最低基準や禁止事項の提案  ほか
*リレー・トーク
呼びかけ人、各地の実施者、被害者の支援者、サバイバー、などの皆さん
*リレー・トーク・アンカー 松村徳子 (副代表・実施者・奈良)

●参加お申込み方法
下記事項を記載したメールをprep.co.jp@gmail.com宛にお送りください。
お名前・携帯番号・所属(個人情報は当件以外には使用致しません)
申し込み受付のメールを返信しますので、受信後2週間以内に下記に
参加費 1000円をお振込みください。
※ゆうちょ銀行からゆうちょ銀行へ
・口座名:DV加害者更生教育プログラム全国ネットワーク
・記号:10170
・口座番号:92338261
※ゆうちょ銀行以外からゆうちょ銀行へ
・口座名: DV加害者更生教育プログラム全国ネットワーク
・店名:〇一八  (ゼロイチハチ)
・店番:018  普通預金
・口座番号:9233826

主催:DV加害者更生教育プログラム全国ネットワーク
PREP-Japan: Coalition of IPV Perpetrator Re-Education Programs-Japan
メール: prep.co.jp@gmail.com
URL: http://prep2018.blog.fc2.com/
Facebook: https://www.facebook.com/PREP.Japan/?

後援:内閣府男女共同参画局(申請中)
賛同団体:NPO法人RRP研究会、NPO法人歩み出した女性と子どもの会
PO法人デートDV防止全国ネットワーク、NPO法人レジリエンス ほか

●DV加害者更生教育プログラム全国ネットワーク
PREP-Japan: Coalition of IPV Perpetrator Re-Education Programs-Japan

ドメスティック・バイオレンス-DV(男女間、同性間、LGBTsなどあらゆる親密な関係のなかで起きる暴力)は】、世界的には20世紀の終わりから、日本では2001年に「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(DV防止法)」が施行されてから全国的な被害者支援が始まり、重大な社会問題として認知されるようになりました。

しかしながら、親密な関係の相手の人権を抑圧している加害者の責任はほとんど問われず、大半の加害者はそのまま放置されています。そのため、多くの被害者は、関係を続けることで暴力に苦しみ、離れることで経済的あるいは社会的損失に苦しみ、安心で安全な暮らしは得られない状況を余儀なくされています。

このような理不尽な状況を打破するためには、DVは社会が生み出しているとの認識に立ち、加害者に処罰と更生を義務化するという、既に多くの国・地域で実施されている公的介入の仕組みが必要です。その加害者対策の核になるのが更生教育であり、受け皿としての加害者プログラムを全国に設ける必要があります。

私たちは被害者支援と加害者対策は社会からDVをなくすための「車の両輪」であると確信し、次のことを目標及び理念に掲げ、DV加害者更生教育プログラムを実施し、発展させ、DVのない社会の実現に寄与します。

●目標:あらゆる性差別、暴力、DVのない社会の構築

●理念:DVは「ジェンダー(性別役割)に基づく暴力」(ジェンダー・ベースド・バイオレンス-(GBV)であり、性差別の一形態であるとの認識を共有し、DV防止対策とともに、制度、文化、意識などあらゆる領域において実質的な「性の平等」社会を創ることをめざします。
1)DV加害者更生教育は被害者支援の一環であり、被害者の安全確保と人権回復を目的とすること
2)DVは病気ではなく自ら選択した行動であり、治療ではない更生教育が必要であること
3)被害者支援とDV加害者更生教育プログラムはDV対策の両輪であること
4)国際基準に則った処罰と一体化した法制度の下で実施されること

●活動:本会は理念に則り、次の各号に該当する活動を通じてDV加害者対策を推進する
1)活動に携わる人々の相互ネットワークを強化し、情報交換と学びの場を設ける
2)更生教育の内容及び量的・質的適正化を研究する
3)一般に向けての情報提供により加害者更生教育への理解を広げる
4)加害者対策(処罰及び更生義務の法制度化)を国や地方自治体、市民に広く訴える
5)DVのない社会をめざす他団体(個人)との連携を推進する
6)その他本会の活動として必要な事項を行う

*発起呼びかけ人
三澤恵子(北海道) 佐々木一(北海道) 星野みどり(北海道) 志堅原郁子(北海度)
長縄史子(北海道) 松山佳子(青森) 田仲昌子(宮城) 中条美智子(茨城)
茂木直子(群馬) 植田佳子(東京) 田中剛太(東京) 高田直子(東京)
辻雄作(東京) 橋本初江(東京) 山口のり子(東京) 吉祥眞佐緒(東京)
吉田由美(静岡) 廣瀬直美(岐阜) 神永れい子(愛知) 柳本祐加子(愛知)
風味良美(奈良) 松村徳子(奈良) 伊田広行(大阪) 久保洋子(大阪)
高井由起子(大阪) 八村有希子(徳島) 黒瀬茂子(広島) 松田洋子(山口)

https://aware-jp.com/all/491/「dv加害者、放置したままでいいですか?」-~/

加害者プログラム日程について

諸事情により、加害者プログラム日程については、ホームページでは公開しないことにしました。

現在、2グループが毎月1〜2回のペースで実施しています。

ホームページの更新がなくても実施していますので、個別にお問い合わせください。

新規の方は、グループプログラム参加の前に事前面談があります。

詳細は以下のページをご確認ください。

加害者プログラム

加害者プログラム日程

詳細はお知らせしていませんが、のびぽこの加害者プログラムは、毎回、継続的な参加者を得て、順調に開催されてます。
月1回、2グループで開催してきたのびぽこの加害者プログラムですが、6月からは月1〜2回の開催とします。
人員の都合でできないときもありますが、できれば月2回開催していきたいと考えています。
プログラムは、学びや気づきがあり、やりがいがあると参加者から好評をいただいています。
参加者は随時募集しています。お問い合わせください。

 

第2回「のびカフェ」開催しました。

2016年6月11日(土)、「のびカフェ」の2回目を開催しました。
「のびカフェ」は、のびぽこ加害者プログラムに夫を通わせている妻の会です。
お茶とお菓子を口にしながら、リラックスしながらおしゃべりします。

「プログラムでは何をしているのか?」
「夫はプログラムではどんな様子なのか?」
「このまま別居でいいのだろうか・・」
「他の家庭はどうなのだろう・・」

加害者プログラムを利用している人ならではの疑問や悩みを、のびカフェでシェアすることによって、「自分だけじゃなかった」と気づいてもらえるようです。
夫のことや家族の問題を隠さずにつき合える相手がいるというのは、心が軽くなることではないでしょうか。

のびカフェは、不定期ですが、継続的に開催します。

「のびカフェ」開催しました

2016年2月13日(土)、のびぽこ加害者プログラムに夫を通わせている妻の会「のびカフェ」を開催しました。
加害者プログラムに通わせていることを明らかにして妻同士が集まるのは今回が初めてです。
holoholoの「心のケアとサポート講座」に通ってきている彼女たちですが、そこでは、夫が加害者プログラムに通っているかどうかはお互いに分かりません。
「のびカフェ」では、加害者プログラムを利用している当事者ならではの疑問や苦労や悩みなどをシェアすることができました。
また、のびぽこでの夫の様子や、どのようなワークをするのかを知ることができ、驚いたり飽きれたり安心したり、色々な気持ちを表現していました。
スタッフも、妻から夫の家庭での様子などを聴き、プログラムの参考にすることができました。

加害者プログラムは長期にわたることがほとんどです。
その中で、迷ったり、気持ちに浮き沈みがあったり、孤立した気持ちになることがよくあります。そんなときに、「のびカフェ」で、悩んでいるのは一人じゃないと思い出して欲しいと思っています。
のびぽこでは、被害にあった女性の支援を第一と考えています。
「のびカフェ」はまた随時開催したいと思っています。
もちろん、参加は任意です。

IMGP3218

初回の加害者プログラムが開催されました

2015年11月28日(土)と29日(日)に、のびぽこによる初めての加害者プログラム(グループプログラム)がそれぞれ開催されました。

土曜グループと日曜グループ、2つのグループで、参加者が暴力を手放すために自分の行動を振り返り、相手を尊重する方法を語り合いました。

当面は、月1回のペースで開催の予定です。

のびぽこでは、加害者プログラムの参加者を随時募集しています。
継続して学ぶ強い意志のある方からのご連絡をお待ちしています。

peer.holoholo☆gmail.com(☆を@に変えて送信してください。)

のびぽこ No-vipoco

加害者グループプログラム開始

加害者のグループプログラムを、いよいよ11月から開始します。

土曜グループ  9時半〜11時半
日曜グループ 18時半〜20時半

初回は、以下の日程で開催します。
土曜グループ 11月28日(土) 9時半〜11時半
日曜ブループ 11月29日(日)18時半〜20時半

今年度は月1回を予定しています。
来年度以降の予定はまた改めてご案内します。

グループログラムへの参加は、3回の事前面談と被害にあったパートナーの面談を終えてからとなります。
事前面談は随時行っていますので、のびぽこの加害者プログラムに参加ご希望の方はご連絡ください。

のびぽこ No-vipoco

IMGP3218

毎日新聞北海道版に掲載されました。

2015年9月30日の毎日新聞北海道版に、holoholoの加害者プログラムについての記事が掲載されました。

北海道初の加害者プログラムです。
被害者の選択肢のひとつとして、まずは広く知っていただくことが第一歩だと考えています。
記事にもあるように、年内には加害者のグループワークが開始する予定で、事前面談を進めています。
暴力から抜け出すために、様々な方法があります。
必要な人に届きますように。

記事全文はこちら(毎日新聞WEB版)

アウェアのHPに掲載されました

のびぽこの加害者プログラムが、アウェアのホームページの「各地のDV加害者プログラム」ページに掲載されました。
全国のアウェア方式の加害者プログラムが紹介されています。
ご参照ください。

アウェア「各地のDV加害者プログラム」

DV加害者プログラム講演会終了しました

2015年7月18日に、のびぽこのDV加害者プログラム講演会を開催し、盛会のうちに終えることができました。
当日は、40名の方にご参加いただきました。
被害者支援や女性支援に携わる方、子どもや児童生徒に関わる方、司法関係の方、DVの当事者など、様々な立場の方にご参加いただけたことが、意義のあったことだと思います。

加害者プログラムが、被害者の選択肢のひとつとして札幌に根付きますように。
暴力を手放したいと真剣に考え行動する人とともに歩み、被害拡大や連鎖を止めるきっかけとなりますように。

参加条件など、まだまだ課題もあるプログラムですが、みなさんで支えていっていただけたらうれしいです。

IMGP4557